依頼しよう

見積りの金額ノベルティを効率的に作るには、自分たちで作るのではなく、専門業者に依頼することをおすすめします。近年ノベルティ製作会社は多くあり、作れるグッズや量にも幅があるので、自分たちだけのオリジナルのものを作ることができるのです。注文の仕方はいたって簡単で、ノベルティ製作会社のラインナップの中からノベルティにしたい商品を選び、インターネットか電話、店頭などで注文します。このときにどんなノベルティにしたいかという要望とどれくらいほしいのかという数を伝え、見積もりを出してもらいましょう。見積もりの金額に納得がいけば、あとは発注を完了させ、完成するのを待つだけです。

現在ノベルティ製作会社はとてもスマートにノベルティづくりをしてくれるので、こちらからの手間もほとんどなく進めることができます。できあがるまでにはだいたい数週間かかりますので、余裕を持って頼むことをおすすめします。ノベルティづくりは企業にとってとても重要なことなので、適当に決めてあとで悔やまないよう、デザインや量をきちんと確認して依頼しましょう。

ノベルティは自社の製品やサービスを多くの人に知ってもらううえでとても役立つアイテムです。ちなみに、ノベルティサイト“NOVELTY-GARAGE”でも名入れのできる商品を販売しています。ぜひ製作することをおすすめします。

ノベルティ製作のポイント

企業のPRノベルティ製作をするときに忘れてはならないのが、企業のPRをするということ。つまり、ノベルティを見ることによって企業、そしてその企業の製品やサービスを思い出すものでなければなりません。だからこそノベルティ製作には十分に注意を払う必要があります。たとえば、何をノベルティにすべきかは考えどころ。できれば自社製品やサービスに関係するものがよいでしょう

たとえば、警備会社であれば防犯グッズ、花屋であれば植木鉢、飲料関係ならボトルやタンブラーなど、関連性があると思いだしやすいですし、使い勝手もよいはず。自社製品と一緒に使ってもらうこともできます。あるいは、日常的に使ってもらうものに限定するのもおすすめです。自社と関係なくても日常的に使うことで認知度を広めてもらうことができるからです。

たとえばノートやボールペン、マグカップ、タオルなどがそれにあたります。こうしたノベルティグッズは時間や場所は関係なく使ってもらえることがあるので、意外なところで自社の宣伝になることがあるのです。ほかには季節感を出すものや、ファッション性のあるものなど、レアでおしゃれなものは食いつきがいいのでおすすめです。自社を効果的に広められるノベルティを考えましょう。

ノベルティとは?

企業がキャンペーンをおこなうときなどに配られるノベルティ。記念品のようなものとして扱われ、非売品のものがほとんどです。企業のPRのためにつくられるものというところが正しいでしょう。これらは消費者や企業の取引先など、これから企業のサービスや製品を知ってほしい方々やお世話になっている方に配られることが多く、基本的には何かの記念として作られます。

企業のPRたとえば会社を作った記念、新店舗がオープンした記念、10周年などのアニバーサリー、創業記念、新サービスや新製品のお披露目の場など、数え上げればきりがないほどです。企業が作っているにもかかわらず、その企業の製品として販売しているわけではないのですから、もらった側も、レアなものをもらえたと得した気分になることが多いもの。どちらにもメリットがあり、ノベルティはさまざまな企業で親しまれているのです。

ノベルティは特にこういうものでなくてはならないというわけではなく、さまざまな形態をとります。ただし、企業の名前が入っているなど、その企業が作っていることがはっきりとわかるものが望ましいでしょう。企業のサービスや製品をPRするためなのですから、ここは注目しておくべきです。現在多くの企業がノベルティ製作をしており、そのジャンルの幅広さには驚かされるばかり。今後もノベルティはどんどん発展をつづけるでしょうし、企業の認知度を高めるという重要な役割を果たしていくのではないでしょうか。